人と人が支え合う仕事が出来るのは病院

求人探し

医療関係でなりたい職業ランキング

no.1

不動の1位!医師(外科・内科含む)

1位はやはり医師です。ドラマや漫画などでも度々取り上げられているため、認知度も高く憧れも多いのでしょう。医師になるためには医学部のある大学に通い知識をつけながらもしっかりと試験に合格しなければなりません。

no.2

僅かな変化も見逃さない「看護師」

患者が医師に合う前に必ず看護師と接します。看護師は医師と患者を繋げるためにも些細な情報を見逃さず、患者の容態にも気をつけなくてはならないため時には医師よりも重要なポジションに位置づけされることがあります。

no.3

健康診断のプロ「臨床検査技師」

臨床検査技師という言葉にあまり馴染みがないと思いますが、健康診断などで各検査の項目の説明や指示をしている方々が臨床検査技師になっています。いわば専門検査のプロと言える存在になりますね。

no.4

薬の説明ならお任せを!「MR」

病院に薬を運ぶ仕事はMRが行います。MRは薬を医療現場に運ぶだけでなく、薬の効果や成分の説明、どの治療に効果的なのかを提案することも仕事の一部になります。薬剤師に次いで薬の専門家という訳です。

no.5

こっそりサポートの「医療事務職」

医療事務職は医療に関する書類の作成から提出、まとめ、または薬の在庫管理まで行なうことがあります。これらの仕事が滞りなく行えるからこそ、病院や医療現場ではスムーズに通常営業が出来るのです。

病院で働く方法

病院で働いている人たちの職業

病院にはいろんな人が働いています。患者を治療する医師、その手助けをする看護師、医療機器を治すメンテナンス技師などの方々です。直接的に患者と接するのは看護師と医師ですが、それらをサポートしている職業も重要な役目を果たしています。

医療事務は縁の下の力持ち

医療事務は診察、処置に掛かる費用の請求書をまとめたり、薬の受注を行なったりしています。見えない所でしっかりと前線で仕事をしている方々を支えています。医療事務は縁の下の力持ち的な存在と言えるのです。

医療に欠かせないMRとは?

医療の現場で度々見かけるMRとは一言でまとめてしまうと薬の営業を行なう職業になります。しかし、新薬の効果や今までの薬とどう違うのか等の知識も必要になるため人一倍薬の知識が必要となり、医療現場に貢献している職業です。